占い依存症

HOME > 占い依存症について… > 占い依存症の原因はどこに?

占い依存症の原因はどこに?



占い依存症とはその名の通りなんでも占いに依存してしまう状態の事です。女性に多い占いへの傾倒は、恋愛がらみだと厄介な事にも。

タロット占い・占星術のファンに目立つ占い依存症ですが、女性に人気の高い占い―――つまり依頼する人が多い―――手相人相、マヤ歴、ルーンなどなど、おおよそ占いなら何でもありです。タロットや星占いが特に依存しやすいわけではありません。

原因は色々ですが、占いを受ける本人さんの気持ちの弱さ、依頼心の強さが占い依存症になる重要なファクターです。

◇占い依存症になる原因

・ 先の見えない恋愛の不安(彼の気持ちが判らない)

・ 占いという行為の不思議や衝撃(期待して無くても的中した)

・ 自分で決める事のできない優柔不断(迷ってばかりで行動できない)


…etc,etc…

恋愛の行く末をあらかじめ知ることはできません。が、人知では解明できない不思議が高い確率で恋愛のゆくえや彼の気持ちを教えてくれることは実際にあります。

もし、恋愛成就すると鑑定されても、運命はその人の行動と心の持ち具合で揺れ動くものです。恋のゆくえは自分で決めるもの、自ら行動することも大切というのを忘れないで。


 

PAGE TOP